参考文献の注記の書き方のページ

参考文献の注記の書き方のページです。

引用文献の場合

1)岡田太郎『現代貿易英語』講談社、1986(昭和61年)、p. 257.

2)同書 p.25.

3)亀井尚「言語論と記号論の接点  神経言語学の立場から」『現代思想』10/11、1982 、pp. 73-83 .

4)同論文、p. 110.

5)岡田、前掲書、pp. 54-61.

6)亀井、前掲論文、pp. 24 -25.

7)鈴木春彦『インターネットの将来』昭和書院、1965. p.32(以下、鈴木『インターネット』と略す)

8)リバ―ス,D.『マルチメディアの世界  その教え方』天満美智子訳、研究社、1972、 pp. 36-37.

9)山中一「親族」『人間の社会』(大平正編『現代文化人類学』)中山書店、1965, pp.110-111.

 

注)

  • 順序は、単行本の場合は、著者名(編者を含む)→『書名  副書名』→出版社→刊行年(西暦も)→該当頁、とする。   
  • 論文、記事などの場合の順序は、執筆者名→「題名」→『雑誌名』→巻号→刊行年→該当頁、の順序とする。
  • 論文・記事名は一重かぎ括弧「    」でくくり、書名、雑誌名、新聞紙名は二重かぎ括弧『    』でくくる。副題名であることを表示する符号は 2倍ダッシュ( 2コマ分)をもちいる。
  • 翻訳書の場合には、訳者名を書名、論文名のうしろに記載する。

 

参考文献・関係文献を巻末に掲載の場合

1 著者名順(あいうえお)

●あ

アブドゥッラー、T.『アブドゥッラー物語 −あるマレー人の自伝−』中道道子訳、平凡社、1980

アハマット、シャーノン『いばらの道』小野沢純訳、井村文化事業社、1981

岡野恒也『オラン・ウータンの島』、紀伊国書店、1965

 

2 時代順

1981

『いばらの道』シャーノン・アハマット、小野沢純訳、井村文化事業社、1980

『アブドゥッラー物語 −あるマレー人の自伝−』T.アブドゥッラー、中道道子訳、平凡社、1977

『核家族再考−マレー人の家族圏』坪内良博・前田成文、弘文堂、1988 

『キナバルの民』堺誠一郎、中央公論社、1977

 

3 書名順(あいうえお)

●あ

『アブドゥッラー物語 −あるマレー人の自伝−』T.アブドゥッラー、中道道子訳、平凡社、1980

『いばらの道』シャーノン・アハマット、小野沢純訳、井村文化事業社、1981

『オラン・ウータンの島』岡野恒也、紀伊国書店、1965

●か

『核家族再考−マレー人の家族圏』坪内良博・前田成文、弘文堂、1977

『川の民 北ボルネオ紀行』中公文庫

『カンポンのガキ大将』ラット、萩島早苗・末吉美恵子訳、晶文社、1984

『キナバルの民』堺誠一郎、中央公論社、1977

『クアラルンプールに暮らす』クアラルンプールに暮らす会編著、ジェトロ、1990

『現代マレーシア政治研究』長井信一、アジア経済出版会、1978